【2022年】地域別お中元の時期はいつからいつまで?遅れた場合の対処法は?| 開業・開店・移転祝いにWebカタログギフト「オフィスギフト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元を贈る時期は、地域によって違います。相手の住んでいる地域の習慣に合わせて贈りましょう。

お中元は日ごろお世話になっている方に感謝の気持ちを贈る、夏のご挨拶。

タイミングを逃さないよう、余裕をもって準備をしてくださいね。

 

目次

 

お中元ギフト画像

 

【地域別】お中元を届ける時期とは?

お中元の時期アイキャッチ画像

 

お中元を届ける時期は、地域差があります。

贈り先の所在地の時期に合わせて贈りましょう。

 

◆地域別のお中元の時期

関東・東北・甲信越 7月1日〜7月15日
北陸 7月15日頃(地域によって時期が異なるため)
例:金沢 7月1日~7月15日
  能登 7月15日~8月15日
北海道・東海・関西・中国・四国 7月15日〜8月15日
九州 8月1日〜8月15日
沖縄 旧暦(旧盆)の7月13日〜7月15日

※近年は全国的にお中元を送る時期が早くなっており、地域差が少しずつ無くなってきている傾向にあります。

 

 

「東北・関東・甲信越」のお中元の時期

東北・関東・甲信越は7月1日~7月15日がお中元の期間で、2週間という短い期間に届くように贈る必要があります。配送が短期間に集中するため、6月末ごろから贈り始める方も増えているようです。

 

「北陸」のお中元の時期

北陸では、7月1日~7月15日に贈る地域と、7月15日~8月15日に贈る地域で分かれています。ほとんどの地域では7月1日~7月15日のようですが、念のため確認して贈るとよいでしょう。

 

「北海道・東海・関西・中国・四国」のお中元の時期

上記の地域は、旧盆の時期である7月15日~8月15日がお中元のタイミングです。8月16日以降は残暑見舞いになりますので、お中元として贈る際は8月15日までに届くようにしましょう。

 

「九州」のお中元の時期

九州では、8月1日~8月15日がお中元の時期です。期間が短いため送り忘れないよう、8月初旬に届くように手配するとよいでしょう。

 

「沖縄」のお中元の時期

沖縄は旧暦の7月15日までに届くようにお中元を贈ります。その年の旧暦を確認して贈りましょう。2022年度は8月12日までです。

2022年:8月12日
2023年:8月30日
2024年:8月18日
2025年:9月6日

 

こんなときはどうすればいいの?遅れた場合、喪中の場合

◆お中元を贈るのが遅くなったら?

お中元を贈るタイミングが遅れてしまったら、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。目上の方に贈る際は、「見舞い」ではなく「暑中伺い」「残暑伺い」として贈るのがマナーです。

 

【暑中御見舞・残暑御見舞を贈る時期】

「暑中御見舞」
「暑中御伺い(相手が目上の場合)」
7月20日から8月6日(立秋前日)
「残暑御見舞」
「残暑御伺い(相手が目上の場合)」
8月7日頃(立秋)から8月末日

※立秋の時期は年によって違うので、チェックしてから贈りましょう。2022年は8月7日です。

 

厚中見舞いと残暑見舞いの違い

上の表のとおり、暑中見舞いと残暑見舞いは時期が違います。暑中見舞いは、「最も暑い時期」に、残暑見舞いは「暑さが残る時期」に相手を気遣い健康を願って贈るものです。

 

◆喪中の場合はどうすればいいの?

お中元は、祝いごとではなく、日ごろお世話になっていることに対する感謝の気持ちを表すものです。

そのため、相手が喪中であっても、自身が喪中であっても、お中元を贈ること、受け取ることに差し支えありません。

ただし、お中元を贈る時期がいずれかの忌中(亡くなってから49日まで)にあたる場合は、忌中を過ぎてから「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。

 

◆仲人や媒酌人にはいつまで贈ればいいの?

仲人や媒酌人にお中元を贈る場合は、最低でも3年は贈ることがマナーです。

 

 

マンネリ化したお中元に新しい楽しみを!オフィスギフトの「お中元ギフト」

お中元は、せっかくならば相手に喜ばれるものを贈りたいですよね。しかし…

「毎年、何がいいのか悩む」

「結局は、似たような品物の贈り合いになってしまう」

このような声が多いのも事実です。

 

そこで、300名の方にアンケート調査を行ったところ、「お中元にカタログギフトをもらうことについてどう思いますか?」という質問に対して、9割以上の方が「嬉しい」「とても嬉しいと回答しました。

 

(2022年6月16日~2022年6月21日に行なったインターネット調査結果)

 

具体的な理由は…

好きなものを選べるから、お互い気を使い合わなくて良いと思います。(30代女性)

その時に一番自分が欲しかったり、興味がある商品を選ぶことができるから。(30代女性)

とにかくカタログを見るのが楽しいです。あれこれ悩み家族で話し合う時間が生まれます。(40代女性)

 

このように、お中元に「カタログギフト」を受け取ることに対して、好意的な意見を持つ人が多いことがわかりました。

今年のお中元は何を贈ろう?お悩みの方は、「カタログギフト」を検討してみる価値アリでしょう!

 

お中元ギフト画像
 
 

オフィスギフトは、7,000社以上の法人様の利用実績があるWebカタログギフト専門店ですが、「種類が豊富で商品センスがいい!」と好評で、個人用のギフトとして「お中元にも使いたい」とのお声をいただくことがありました。

 

そんなお客様のお声から生まれたのが、お中元に特化したカタログギフト「お中元ギフト」です!

 

お中元ギフト

 

お中元に人気の定番グルメから、バイヤーが厳選した流行家電、こだわりの日用品など、性別や年齢問わず喜ばれる品物が豊富に揃っています!

 

ギフトラッピング画像

 

・送料無料

・ラッピング・のし無料

・メッセージカード無料

・最短即日発送対応

 

メッセージカードやラッピング、のしも無料でお付けできるほか、送料無料でご利用いただけます。

 

お中元は本来、日頃の感謝の気持ちをカタチにして贈る素晴らしい風習です。

 

マンネリ化して負担を感じている方こそ、悩まずに喜ばれる「カタログギフト」をおすすめします♪

 

お中元ギフトの詳細はこちら
 

複数注文やお問い合わせはこちら:0120-666-937
10:00 ~ 17:00(土日祝・お盆・年末年始除く)
 

 


ギフトコンシェルジュ

<この記事の監修者情報>
ギフトコンシェルジュ:冨田仁

喜ばれるギフトを提案する専門ECサイトを5店舗経営。「お祝い」「感謝」「応援」「お礼」…さまざまな心と心の繋がりを代弁する贈り物文化に魅了され、カタログギフトのプロデュースを行う。“自己満足に終わらないプレゼント”の選定を得意とし、これまで10,000件以上のギフトの依頼を受けている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスギフトの豊富なプランを見る

  • 3000円プラン
  • 5000円プラン
  • 1万円プラン
  • 3万円プラン
  • 5万円プラン
  • 10万円プラン
  • 12万円プラン
  • ハイクラス
  • プレミアムセット
  • 胡蝶蘭・観葉植物